Mercedes-Benz w123専門店のブログ |

侮るなかれW123のクーラーの効き!②

今回は、前回に引き続きクーラーの効きについてです。
前回は280TEの社外クーラーに容量の大きい電動ファンが取り付けられた車両でしたが、
今回はディーラー車の300TDTです。2年前にエバポレーターよりガスが大量に漏れ修理となりました。
その際に、高圧ホース2本を除く全ての部品を交換しました。(コンプレッサー、エキパン、リキタン含む)
昨年、クーラーが効かなくなり、点検したところ前回交換した純正部品の高圧ホース
の金属部分の溶接部よりガスが漏れておりました。その時日本に部品の在庫がなく新規にホースを
製作し交換となりました。300TDTは生産終了しているホースがあり前回の作業時も製作したのですが、
純正部品の方が価格も安い為、漏れたホースは純正部品を使用しました。
それが仇となりました。
あれから1年。今回お車をお預かりする機会がありましたので、クーラーの作動を確認致しました。
外気温36度、車内温度34度、吹き出し口温度12度でした。
構成部品のスペックは全てノーマルとなりますので、100%の性能が発揮されております。
*クーラーガスのみR12からR134aに変更しております。

300TDT

前回テストより遅い時間(夕方)にテストを行いました。
300TDT  300TDT

写真を撮っている間に12度から14度にメモリが上がってしまいました。
300TDT

勿論、エンジンルームの低圧ホースには水滴が付いています。
300TDT

ディーゼルのクーラーホースはエンジンをぐるっと1週します。
300TDT  300TDT

なので、結構長いんです。
300TDT  300TDT

今回の事例のように一度に整備することによって数年間クーラーの効きに悩まされ無くなりますので、
毎年クーラーの予算を確保する必要がなくなります。車により整備履歴は様々なので、
クーラーの効きにご不満の方は、是非一度、ナダエンジニアリングご相談下さい。
http://nada-eng.com

スポンサーサイト



Posted by ナダエンジニアリング on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。