Mercedes-Benz w123専門店のブログ |

アイテムパーツのご紹介③

今回も、お預かりしたS123に希少アイテムが装着されておりますので、こちらをご紹介します。
ヘッドライトの横に取り付けられておりますドライビングランプのリフレクターが、
黄色にメッキされております。

ドライビングランプの解説(wikipediaより)
ドライビングランプ(補助前照灯)は、フォグランプとは異なりヘッドライトのハイビームに近い配光特性を
持ちます。また、ハイビームよりさらに遠く狭い範囲を照らす補助前照灯はスポットランプとも
呼ばれます。日本の保安基準では配光パターンに関係なく「前部霧灯」とされ、
公道上での使用は保安基準に沿った運用が求められます。

これは、フォグランプと使用目的は同様で濃霧の際の視界を確保する場合に使用します。
白より黄色の方が光の波長が長い為、見やすいと言われております。
Audi豊洲勤務時代、純正アクセサリーパーツで黄色いHIDバルブ(フォグ用)の設定があり、
これを取り付けた事があります。

ライト

↓光るとこんな感じ
ライト

↓全景
280TE

↓ノーマル全景
280TE アストロシルバーメタリック

フォグランプを装着しないレーシングカーはライトレンズ自体を黄色くしている車種も多数あります。

↓日本のSUPER GTの参加車両
SUPER GT

ヘッドライトのリフレクターを再メッキする際に、ドライビングランプのリフレクターを黄色く
メッキするのも、良いかも知れません。*この車両は純正部品です。
メッキ加工も承りますので、是非お問い合わせ下さい。
http://nada-eng.com/

Mercedes-Benz w123専門店のブログ

スポンサーサイト



Posted by ナダエンジニアリング on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。